ナチュラルハーブについて、効果の高いもの、抜けの早いものについて質問をすることもできます。
しかし、それで他人の意見を聞いたとしても、それが自分にとっても適応されるかどうかはわからないことです。
Read More »

常温保存の未開封ハーブであれば、三年間というのが消費期限の目安になります。
ですが、これは適切な方法で保存を続けることができた場合、ということになります。
Read More »

呼び方としては、オリハーブというものが使われることもあります。
国内のショップの中では、2009年11月に行われた規制から、ショップオリジナルの商品へと移行するようになってきています。
Read More »

ドラッグが販売される際には、試薬などの名目で行われていることがあります。
こういったものについては、ケミカルドラッグという呼び名があります。
Read More »

ヨーロッパが発祥の地であるとされるハーブと言えば、料理のアクセントとなるスパイスや、薬用に用いられる薬草な植物を示すことが一般的です。
「花卉(かき)」と呼ばれている観葉植物や、大量生産される穀物や野菜はハーブと分類されないことが多いでしょう。
Read More »

幻覚作用のあるものとして、レクリエーションなどに使われる脱法ドラッグで、トリプタミン骨格を持っているものは、トリプタミン系と呼ばれるものです。
幻覚の効果があるドラッグのうち、多くがトリプタミン系に分類されるものであり、麻薬及び向精神薬取締法によって麻薬指定されている薬物もそこには含まれています。
Read More »

お香としてや、鑑賞をするためという目的で販売されるものであり、
レクリエーションに使われるタイプのドラッグのうち、植物や植物加工品にあたるものはナチュラルドラッグという呼称があります。
ハーブというものは、このナチュラルドラッグにあたるものです。
Read More »

日本においては、”ハーブ”と言えど、吸引、その他直接摂取することを目的に販売されているものではありません。
吸引用などとして販売の許可など・・ご想像通り、おりるはずありませんよね。
Read More »

カンナビノイド(多幸感、幻覚作用、鎮痛作用をもたらすと言われています)というマリファナに含まれる成分を、
化学合成により人工的に作り出したものを、乾燥した草植物に拭きつけたものをいいます。
ここで”合法”の説明をしましょう。現在販売されているハーブには薬事法で禁止されている成分が入っていないものです。
Read More »

皆さまもう良くご存じの方もたくさんいらっしゃるかとおもいますが、おさらいということで・・ハーブの一般的な使用用途は次のように大別できるでしょう。
1.食用として用いることが可能なもの
2.食用としては用いれないものの、香りを利用することができるもの。
3.食用として用いることが可能、且つ香りも利用することができるもの。
4.食用として用いることができず、かといって香りを利用するためでもないもの。
Read More »