ハーブの一般的な利用法

X

皆さまもう良くご存じの方もたくさんいらっしゃるかとおもいますが、おさらいということで・・ハーブの一般的な使用用途は次のように大別できるでしょう。
1.食用として用いることが可能なもの
2.食用としては用いれないものの、香りを利用することができるもの。
3.食用として用いることが可能、且つ香りも利用することができるもの。
4.食用として用いることができず、かといって香りを利用するためでもないもの。

共通して言えることは、大なり小なり薬効が付けられていることがあげられるでしょう。
注意点としては先にも述べた様に、毒性が強いものもあり、使用方法・使用量などを間違えると身体に悪影響を与える効能を持っているものもあるので、使用、栽培には注意が必要です。

ここ日本においての話ですが、ハーブは薬事法で医薬品に分類されないものは食品に区分されて市販されています。食品として販売されているもののなかでも、薬効が強かったり、個人差(例えばお年寄りや子供、妊娠している女性の場合など)に対する影響がよくわかっていないものもあるので、これまた注意が必要です。

一押しLINK
熊本のデリヘルにいくならミストレスが安心して楽しめます。

Comments

Comments are closed.